債務整理後はクレジットカードが使えなくなるって本当?クレジットカード発行の時期とは

借金の悩みを解決するために、債務整理を行うとクレジットカードが使えなくなるのではないかと心配していませんか?
携帯電話の代金や買い物などクレジットカードでの支払いが当たり前になっているからこそ、債務整理すれば一生クレジットカードを持てないのではと考えて債務整理に踏み込めない人もいるでしょう。
債務整理をすれば、本当にクレジットカードは使えなくなるでしょうか?
債務整理後のクレジットカードの利用や発行について詳しく解説していきます。

債務整理をするとクレジットカードは使えなくなる?

借金問題を解決するために債務整理を行うと、弁護士を通じて債権者へ債務整理を行う旨の通知が届くことになります。
そうすると、カード会社や銀行が利用している信用情報機関に信用事故として登録されることになります。
ブラックリストに登録されるとクレジットカードにどのような影響を与えるのか見ていきましょう。

ブラックリストに載ることの意味

債務整理を行うと信用情報機関のブラックリストに掲載されると言いましたが、これはどういった意味になるのか説明していきます。
そもそも、カード会社は消費者がクレジットカードの申し込みを行う際に審査をします。
この審査は、信用情報機関と呼ばれるネットワークを通じて支払い能力などの信用情報を確認しているのです。
債務整理をすると、信用情報機関に事故情報として登録されます。
これが、「ブラックリストに載る」という意味であり、事故情報によってクレジットカード会社は新規発行の可否を決定しています。
つまり、債務整理を行うとクレジットカードの発行は難しくなり、ローンを組むことなども出来なくなります。

クレジットカードの発行停止期間

ブラックリストに載ることでクレジットカードは発行できなくなりますが、一生発行できないというわけではありません。
ブラックリストは一定期間事故情報が掲載された後、削除されるのです。
つまり、事故情報が削除されればクレジットカードが発行できるようになります。
事故情報が掲載される期間は債務整理の種類によって異なりますが、任意整理であれば5年ほどとなり、自己破産や個人再生で10年になります。
この期間が過ぎれば、新たにクレジットカードを新規発行出来るようになるのです。

使用中のクレジットカードも使えなくなるのか?

債務整理によって新規クレジットカードの発行が困難になりますが、債務整理前から使用しているクレジットカードはどうなるのでしょうか?
既に持っているクレジットカードの利用についての対応は以下となります。

債務整理の後のクレジットカード

自己破産は借金を免除することができる債務整理方法ですが、自己破産の手続きの際には負債額を確認します。
クレジットカードを利用すれば負債額が確定しないため、弁護士などがカードを預かることになります。
そのため、既存のクレジットカードは使用することができなくなります。
任意整理の場合であっても、整理する対象のクレジットカードは停止する必要がありますし、整理対象外としたクレジットカードについても将来的に使えなくなる可能性があります。
これは、既存のクレジットカードであってもブラックリストに掲載され、カード会社が発行した後も信用情報の確認を行っているからです。

いつから利用できなくなるのか?

既存のクレジットカードが利用できなくなるのは、ブラックリストに掲載後すぐではありません。
「途上与信」といって、カード会社が発行するための審査の後も定期的に信用情報機関を利用して確認する行為を行います。
この途上与信の際に、ブラックリストに掲載されていることが判明して利用を止められることになるのです。
毎日のように途上与信が行われているわけではありませんが、クレジットカードの更新の時期などには確認されるので、利用停止になります。
また、カードの支払いが滞っている場合にも信用状態が悪化するので、カードの会員資格が剥奪されます。

どうしてもクレジットカードを利用したい場合

債務整理を行うと、新規発行だけでなく既存のクレジットカードも利用が難しくなります。
一定期間経てば、再び取得することができますが、それまでにどうしてもクレジットカードが利用したいという場合には以下の方法が利用できます。

デビットカードで代用する

デビットカードはクレジットカードと同じような利用方法ですが、銀行口座内に必要な残高がなければ利用することができません。
そのため、信用情報機関を利用して審査をすることもないので、債務整理した後でも発行することが可能です。

家族カードを発行する

自分自身の名義ではクレジットカードは発行することができないので、家族がブラックリストに掲載されてない場合であれば家族カード(追加カード)が発行できます。
家族カードは、家族間で同じ口座から引き落としができるカードなので、契約する人の信頼で発行されます。
利用者は審査がないため、債務整理をしてもカードを持つことができます。

まとめ

債務整理をすることで、クレジットカードは新規発行も継続利用も難しくなります。
しかし、利用できない期間は限られていますし、デビットカードなどで代用することも可能です。
クレジットカードの影響はあるとしても、債務整理によって借金問題は解決することができます。
当事務所では、過去に借金に関する問題を多く扱っているため、細かいケアまで可能です。
自分自身に合った解決方法を求めている場合には、まずは相談からご連絡ください。