過払い金請求は必ず弁護士に依頼すべき?その理由とは

過払い金が発生しているかもしれないという場合や、過払い金があるので返還請求をしたいという場合、法律の専門家である弁護士や司法書士に相談すべきです。
弁護士や司法書士と聞くと、敷居が高く感じるので相談しにくいと感じる人も多いでしょう。
しかし、過払い金請求は自身で解決するには難しい問題でもあります。
なぜ過払い金請求を必ず弁護士に依頼すべきなのか理由を解説していきます。

司法書士と弁護士の違い

過払い金請求をするにあたり、相談すべき専門家を検索すると司法書士と弁護士が出てきます。
そのため、弁護士と司法書士のどちらに相談すべきか悩んでしまう人も多いでしょう。
弁護士と司法書士では対応できる範囲が異なり、範囲としては弁護士の方が多いことから弁護士に依頼すべきと言えます。
弁護士と司法書士の違いは以下です。

過払い金が140万円を超える場合は弁護士しか対応できない

司法書士は、過払い金が140万円を超えると対応することが出来ず、140万円を超える場合には弁護士しか対応が出来ないのです。
弁護士であれば、金額の制限なく対応できるので安心なので、過払い金の金額が分からないという状態であっても最初から弁護士に相談する方が手間を省けるでしょう。

弁護士なら代理権がある

司法書士と弁護士の大きな違いは、交渉権や訴訟代理権を持っているかどうかです。
司法書士には簡易裁判所での訴訟代理権しかないため、それ以外のケースであれば裁判所への申立てを始めとする訴訟のやり取りなど対応することができないのです。
しかし、弁護士は交渉権や訴訟代理権に制限がないので、裁判所でのやり取りなどを任せることができます。

弁護士に過払い金請求を依頼すべき理由

司法書士よりも弁護士に過払い金請求は依頼することで、過払い金の金額を気にすることなく、また裁判の手続ややり取りの代理が可能となることが分かりました。
それでは、弁護士に依頼することで、過払い金請求においてどのようなメリットがあるのでしょうか?

事務処理の手間や時間が省ける

弁護士に依頼することで面倒な事務処理を任せることができます。
過払い金請求では、取引履歴の開示請求や裁判所への訴状作成など必要な事務処理が多く、知識も必要になります。
慣れない作業だと時間もかかるので、非常に時間がかかってしまうでしょう。
弁護士に任せることで、自身ですることは無くなるので仕事や家庭に影響を与えることなくスムーズに手続きを進められます。

過払い金が多く返ってくる可能性が高い

弁護士に依頼することで過払い金の計算なども正しくできるだけでなく、貸金業者も専門家相手にはいい加減な対応ができないため、過払い金が多く返ってくる傾向にあります。
個人で返還を請求した場合には、利息まで得られる可能性は低く、過払い金も40~80%の返還率となることが多いでしょう。
しかし、弁護士に依頼することで70~100%の返還率に加えて利息も得られることがあります。
なお、返還率は相手方業者の経営状態や対応方針によって大きく影響を受けます。
もちろん弁護士に依頼すれば費用が発生しますが、個人で過払い金請求をして時間と手間をかけながら減額した金額になるリスクを考えれば、弁護士に依頼すべきと言えます。

過払い金が早く戻ってくる

当り前のことですが、個人で過払い金請求を行うよりも弁護士に依頼した方が早く過払い金が手元に戻ってきます。
もちろん慣れない手続きや準備で時間がかかることもありますし、貸金業者の対応も違います。
弁護士が担当することで貸金業者もプレッシャーを感じるため、対応がスムーズなのです。
そのため、個人で請求した場合には時間がかかれば1年近くかかってしまうこともありますが、弁護士が代行することで早ければ3か月程度で過払い金が戻ってきます。
貸金業者毎に対応も違いますし、取引内容や期間なども関係してきますが、弁護士が担当することでスムーズに解決できます。

周囲に知られることなく過払い金請求できる

個人で過払い金請求をすれば、貸金業者や裁判所からの通知や連絡の郵送物が自宅や会社などに届くことになります。
そうなると、確実に自分が受け取らなくては家族など周囲の人に過払い金請求を行っていることを知られる可能性があるのです。
しかし、弁護士に任せることで貸金業者や裁判所からの郵送物や連絡は弁護士事務所に届きます。
また、家族などに知られたくないことを弁護士に事前に話すことで配慮もしてもらえるため、内緒で過払い金請求をしたい場合には専門家に任せるべきでしょう。

精神的負担を軽減できる

貸金業者との交渉や裁判所への出廷は慣れないことなので、精神的な負担が大きくなります。
また、専門知識の必要な裁判所への訴状の作成などもあるので、精神的に疲れてしまうことが多いでしょう。
弁護士に依頼することでほとんどの工程は任せられるため、仕事や家庭に影響を与えることなく普段通りの生活をしながら過払い金請求が可能になります。
そのため、精神的な負担が軽減されるのです。

まとめ

過払い金請求は、専門知識や交渉力が必要となる手続です。
弁護士の中でも過払い金請求の経験が豊富な弁護士に依頼する方が得策でしょう。
当事務所は債務整理の実績が豊富なため、過払い金請求にも精通した弁護士がサポート致します。
過払い金請求には時効なども関係してくるので、少しでも早くご相談ください。