債務整理をしても周囲の人にはバレない?!誰にも知られずに債務整理する方法

借金問題を解決したいけれど、家族で内緒にして借りた借金の場合であれば家族にバレないようにしたいでしょう。
また、会社に債務整理がバレてクビになったり、人間関係が悪くならないかと不安になる人も少なくありません。
債務整理は周囲の人に知られずに手続きを進めることは可能なのでしょうか?
そこで、誰にも知られることなく債務整理が可能かどうか詳しく解説していきます。

債務整理は他人に知られずにできる

債務整理を周囲の人に知られずに進めたいという人もいますが、債務整理は基本的には自分で口を滑らせない限りは他人に知られることはありません。
債務整理をしたからといって自分の勤める会社に通知が届くといったようなことはないのです。
ただし、100%バレることなく進めることができるわけではありません。
以下のことに注意をする必要があります。

官報への掲載

債務整理の中でも、裁判所を介して行う自己破産や個人再生の場合には、「官報」という国が発行する機関誌に名前が掲載されます。
一般の人が見ることはほとんどなく、官報によって周囲の人にバレる可能性は低いでしょう。
しかし、どこかで話が回ってくる可能性はゼロではないので注意が必要です。

郵便物からバレることもある

債務整理は、借入先や裁判所などとのやり取りがありますが、大半が郵便物でのやり取りとなります。
書面にして自分宛に届きますが、家族や同居人がいる場合には郵便物で債務整理の手続きを進めていることが知られてしまう可能性はあります。
どうしても知られたくない場合には、弁護士に依頼することで書面のやり取りの代行も可能です。

債務整理の中でも周囲の人にバレる可能性のある手続きがある

債務整理には、周囲の人に知られずに手続きできると言いましたが、選ぶ手続きの種類によってバレる可能性は変わってきます。
「自己破産」「個人再生」「任意整理」の3種類がありますが、手続きの種類によってバレやすさは違うのです。
自己破産と個人再生の場合には、家族には比較的知られる可能性が高まります。
なぜ家族に知られることになるのか見ていきましょう。

財産の処分によってバレる

自己破産をすると、持っている財産を換価して借金返済に充てることになります。
そのため自動車や持ち家などの資産が失われることがあるので、家族に隠しておくことは難しいでしょう。
もちろん借金をした本人の名義である必要があるので、住んでいる住宅の名義が他の家族である場合には対象になりません。
しかし、預貯金や生命保険や株券などが処分の対象になった場合、いずれ知られてしまう可能性があります。

裁判所への申立て手続きの時にバレる

個人再生と自己破産の場合には、裁判所に申立てを行います。
その際には必要書類も多く、配偶者に給与所得がある場合には、給与明細書や源泉徴収票などが必要になります。
また、家計の収入だけではなく支出も提出しなくてはいけません。
通帳や収入書類を集める際に、配偶者には知られてしまう可能性が高くなるでしょう。

他人にバレたくないのであれば任意整理がおすすめ

自己破産や個人再生であれば、会社にバレないとしても家族には知られる可能性があります。
周囲の誰にも知られずに債務整理をするのであれば、任意整理がおすすめです。
任意整理は裁判所を介する必要もなく、債権者と直接交渉するため手続きや必要書類も少なく済ます。

弁護士に依頼することで一層バレにくくなる

債務整理の中でも周囲の人にバレない可能性が最も高い手続きが任意整理ですが、弁護士に依頼することで一層バレにくくなります。
これは、弁護士に依頼することで債権者に受任通知が送付されるからです。
受任通知が送付されると、債権者は債務者に対して督促できなくなるので、督促の電話に悩まされることがありません。
しかも、債権者との交渉は弁護士が代理人として代わりに行うため、自宅に直接連絡や郵便などを送られてくることもありません。
また、手続き自体も3か月ほどと短時間で済むため、いつバレるかと心配しながら過ごす期間も短くなります。

任意整理にも注意点がある

任意整理が周囲の人にバレにくいといっても、絶対にバレないというわけではありません。
家族が債務の保証人になっている場合、債務者が債務整理をすることで保証人に返済の請求がされることになります。
そのため、家族に知られないようにするためには、家族が保証人になっている債務は任意整理の債務から外す必要があるのです。
また、債権者が訴訟を提起した場合や、債権者が賃金返還請求訴訟に勝訴して債務者の給与を差し押さえた場合には家族に知られる可能性があります。
こういった事態を回避するためには、債務整理や借金問題に強い弁護士に依頼する必要があります。

まとめ

債務整理の中でも個人再生や自己破産は、家族などに知られるリスクが高い債務整理の方法といえます。
しかし、任意整理を選ぶことで周囲にバレるリスクは低くなります。
ただし、一人で手続きを行うことは難しいですし、バレないようにスムーズに手続きをするには弁護士に依頼することが得策です。
当事務所では、債務整理を多数解決してきた実績があります。
初回相談料は無料になるので、まずは借金問題に関する悩みをご相談ください。
借金問題に強い弁護士が、相談者様に最も負担の少ない方法で解決するようサポート致します。