過払い金請求するには条件がある?グレーゾーン金利や時効について詳しく解説

現在借金を返済中であったり、すでに借金の返済が終わっている場合でも過払い金請求をすることで、お金がいくらか戻ってくるケースがあります。
しかし、借金をしたことがある人であれば誰でも請求できるのではありません。
過払い金の請求をするには条件があるので、自分が条件に当てはまるのか検討してみてください。

過払い金とは

過払い金とは、貸金業者に対して支払い過ぎていた金利のことを指します。
貸金業者に借入れをした際に、不当な高い金利を支払っていた場合には取り返すことができるのです。
法律上必ず返済しなくてはいけない金額以上を返済している場合には、貸金業者に対して返すように請求することができ、このことを「過払い金請求」と言います。
過払い金が発生する仕組みから見ていきましょう。

過払い金の発生する仕組み

なぜ過払い金が発生するようなことになってしまうのかというと、過去の法律が原因になっています。
貸金業者は本来であれば、利息制限法の上限金利である年15~20%以内で貸付を行わなくてはいけません。
しかし、旧貸金業法第43条の「みなし弁済」という制度を利用して、出資法の上限金利である29.2%近くでの貸付をしてきた貸金業者もいます。
利息制限法の上限は超えているものの、出資法による29.2%までの金利差を【グレーゾーン金利】と言います。
ただし、2010年にはグレーゾーン金利が廃止され、廃止後の法定金利内で借入れを開始した場合は過払い金は発生しません。
しかし、グレーゾーン金利の時代に借入れをしていた場合には、過払い金が発生している可能性もあるのです。

過払い金が発生する条件

過払い金が発生する条件は、仕組みで説明したようにグレーゾーン金利で取引をしていた場合になります。
つまり、利息制限法の上限金利である15~20%よりも高い利率で取引されていることになるので、借金の元本が10万円未満の場合には20%以上、借金が10~100万円未満の場合には18%以上、借金が100万円以上の場合には15%以上がグレーゾーン金利となります。
この条件に該当している場合に、過払い金が発生していることになるのです。

過払い金請求をできる条件

過払い金請求をすれば、払い過ぎていたお金が返ってくるので債務者にとっては有難いことです。
ただし、過払い金請求をするには条件を満たしている必要があるので、自身が過払い請求できるのか確認してから行わなくてはいけません。

条件1:過払いが発生している

当然のことながら、過払いが発生していなくては過払い請求をすることは出来ません。
利息制限法の上限金利である15~20%を超える金利で取引している場合に当てはまります。
2010年にはグレーゾーン金利が廃止されましたが、多くの貸金業者は2008年頃まで利息制限法の上限金利を超えるグレーゾーン金利で貸付を行っていました。
そのため、2008年以前に借入れをしている場合には、過払い金請求をできる可能性があります。

条件2:時効が成立していない

過払い金請求は、既に借金の返済が終わっている場合でも利用することができます。
しかし、過払い金が発生している場合でも、借金を完済してから10年が経過している場合には時効が成立してしまうので、過払い金請求することは出来ません。
時効は取引開始からではなく、借金を完済した日から10年です。

ただし、一度完済をして、再び同じ貸金業者から借入をしている場合には取り扱いが変わります。
一度借金を完済して、しばらく時間が経ってから二回目の借入れをしている場合は、「一連」や「分断」として取り扱いが変わることがあります。
一連は、一度目の借入れと二度目の借入れが一つの取引として考えられるため、取引全体の過払い金を計算します。
しかし、分断の場合は、一度目と二度目の取引は別々に計算されて合計します。

条件3:クレジットカードの場合はキャッシング枠のみが対象

クレジットカードにはキャッシングとショッピングの2つの枠があります。
過払い金請求が出来るのは、キャッシング枠のみです。
ショッピング枠は、法律上借金ではなく立て替えという形になるため、利息制限法が適用されません。

過払い金請求は弁護士に相談しよう

過払い金請求は、自身でも出来ないことはありませんが、弁護士や司法書士といったプロに任せる方が得策です。
過払い金の計算は複雑ですし、貸金業者に対して取引履歴の開示手続や交渉なども行わなくてはいけません。
専門科に任せることで、手続きや交渉の手間を省けますし、より多くの金額が戻ってくる可能性も高まります。
司法書士でも弁護士でも相談は可能ですが、司法書士は過払い金が140万円を超える場合には、訴訟や交渉の代理を行うことが出来ません。
そのため、最初から弁護士に相談することで、過払い金の金額に関係なく代理を安心して任せられます。

まとめ

当事務所は過払い金請求の実績も豊富ですので、豊富な知識と交渉力の高い弁護士がサポート致します。
自分も過払い金があるのではないかと気になる場合や、過払い金の請求がしたい等、過払い金に関する悩みがある場合には、1日でも早くご相談ください。
初回相談は無料になっており、完済した業者に対する過払い金の請求や調査も無料で対応しております。