アパートを 買ってしまって 大赤字

50代男性
ご相談前ご相談後
借金総額
24000
万円
0
万円
毎月の返済額
130
万円
0
万円

ご依頼の背景

借金の状況 約2億4000万円
借金の理由 アパートの投資ローン
借入先 銀行
依頼者は、普通のサラリーマンでしたが、大手銀行からアパート投資の勧誘を受け、ローンを組んで不動産オーナーとなりました。 しかし、当初見込んでいた賃料収入が得られなかったり、災害の被害によって修繕費用がかかったりしたため、結果的にアパート投資は多大な赤字を生んでしまいました。 この状態を脱却するにはどうすべきかと悩み、相談に至りました。

弁護士の見通し

弁護士のアドバイスとしては、このままの状態を継続していても赤字を埋めるために自身の保有財産を失っていってしまうことから、早期に破産手続を行うことを提案しました。 そこで、自己破産をした後もできる限り自身の財産を失わないようにするため、自己破産の申立てを早期に行うことを目標としました。

サポートの流れ

破産制度に伴う自由財産の制度を最大限活用し、預貯金、保険、退職金等の本人名義の財産が手元に残るようにしました。 また、出張を必要とする依頼者だったため、裁判所に対する許可の申請を代理して行い、仕事に対する支障が出ないようにサポートしました。 保有していたアパートについては、破産管財人に引き継いで処分の対象となりました。

結果

破産手続開始決定後に得られる給与や賞与については、自身の財産として自由に使うことができるようになったため、破産手続開始後の生活は非常に楽になりました。 破産手続による不動産処分にある程度の時間を要しましたが、結果的に免責の許可が行われ、老後の安心を取り戻すことができました。

その他の解決事例

ご相談前ご相談後
借金総額
100
万円
0
万円
毎月の返済額
2
万円
0
万円
ご相談前ご相談後
借金総額
0
万円
0
万円
毎月の返済額
0
万円
0
万円
過払い金の回収額
1500
万円
ご相談前ご相談後
借金総額
2200
万円
600
万円
毎月の返済額
30
万円
8
万円