役員を 降りたけれども 後くされ

30代男性
ご相談前ご相談後
借金総額
800
万円
0
万円
毎月の返済額
15
万円
0
万円

ご依頼の背景

借金の状況 約800万円
借金の理由 損害賠償
借入先 消費者金融・カード会社・企業
依頼者は、かつて会社の代表者役員を行っておりました。しかし、会社経営の方針の争いや会社資金をめぐるトラブルが役員間で生じたため、その会社の役員を退任することになりました。同時に、その会社から代表者であった間の責任を追及されたため、やむなく公正証書を取り交わし、高額な賠償金を分割で支払っておりました。ところが、その賠償金の支払が徐々に負担として重くのしかかり、結局は消費者金融やカード会社から借入れを繰り返すことによって雪だるま式に負債が増えてしまっておりました。

弁護士の見通し

前記のとおり、公正証書を取り交わしていたことから、迅速に自己破産の申立てを行わなければ給料差押えなどの強制執行を受けるリスクがありました。本件の課題はいかに早く裁判所の破産手続開始決定を得て、強制執行を回避するかという点にありました。

サポートの流れ

過去の会社経営については、かなり立て込んだ事情もあったため、弁護士と依頼者で綿密に打合せを行って、裁判所にわかりやすく自己破産に至る事情を報告できるように準備を行いました。その結果、過去に会社経営をしていたという管財調査が入りやすい要素があったものの、同時廃止によって破産の決定を得ることができました。

結果

強制執行を受けることもなく、無事に破産手続を終了することができたため、安心して通常の生活に戻ることができました。今では、一切の支払から解放されています。

その他の解決事例

ご相談前ご相談後
借金総額
800
万円
0
万円
毎月の返済額
29
万円
0
万円
過払い金の回収額
36
万円
ご相談前ご相談後
借金総額
100
万円
0
万円
毎月の返済額
2
万円
0
万円
ご相談前ご相談後
借金総額
250
万円
0
万円
毎月の返済額
0
万円
0
万円
過払い金の回収額
30
万円