示談金 破産するけど 残るかな

40代男性
ご相談前ご相談後
借金総額
380
万円
0
万円
毎月の返済額
10
万円
0
万円

ご依頼の背景

借金の状況 約380万円
借金の理由 生活費・遊興費
借入先 消費者金融
依頼者は、多額の負債を抱えていたところ、仕事も安定しておらず、支払が困難であったため、自己破産手続を行うべく準備中でした。 ところが、その準備中に交通事故に遭い怪我をしたこともあり、数か月の治療を行うことになりました。結果的に保険会社から交通事故の示談金を受け取ることになりましたが、破産手続の直前であったため、示談金を失ってしまうのではないかということを懸念しておりました。

弁護士の見通し

自己破産においては、自由財産という制度が設けられており、自己破産手続を行ったとしても本人が財産を持ち続けることを認めてもらえる場合があります。本件では、示談金の金額が自由財産の上限目安額である99万円を超えていなかったため、自由財産の制度を利用することにより、財産として維持することを目指すことになりました。

サポートの流れ

弁護士が依頼者本人に代わって、自由財産の範囲拡張の申立てを行い、裁判所に事情を説明して交渉を行いました。裁判所も本人が経済的に苦しいことを理解し、示談金の全額を自由財産とすることを認めました。

結果

以上の流れにより、破産手続終了後示談金を生活再建のための元手とすることができました。 依頼者は、破産手続後元気に復職し、彼女もできました。

その他の解決事例

ご相談前ご相談後
借金総額
200
万円
0
万円
毎月の返済額
14
万円
0
万円
ご相談前ご相談後
借金総額
100
万円
0
万円
毎月の返済額
2
万円
0
万円
ご相談前ご相談後
借金総額
600
万円
150
万円
毎月の返済額
12
万円
4
万円