自動車と 奨学金は 払いたい

30代男性
ご相談前ご相談後
借金総額
450
万円
450
万円
毎月の返済額
12
万円
7
万円

ご依頼の背景

借金の状況 約450万円
借金の理由 奨学金・自動車ローン・遊興費
借入先 奨学金・カード会社
依頼者は、奨学金や自動車ローンのほか、ギャンブルにお金をつぎ込みすぎたため大きな負債を抱えてしまいました。実家で生活をしておりましたが、親に借金のことを知られるわけにはいかない状態でした。 また、自動車も必要としておりましたし、奨学金の保証人に迷惑をかけるわけにいかないことから、その条件をクリアできる債務整理の方法を希望しておりました。

弁護士の見通し

自動車ローンを整理の対象に加えると、所有権留保に基づいて自動車が引揚げになってしまう場合が通例です。また、奨学金のように保証人付きの債務を整理する場合は、保証人に対する請求が実行されてしまいます。 このような事態を回避しつつ一部の負債について整理を行いたい場合は、任意整理を選択する必要があります。相手方の業者によって分割に応じてもらえる回数や期間にばらつきがありますので、依頼者の収入の範囲で返済と両立することができる任意整理の方向を提案しました。

サポートの流れ

奨学金と自動車ローンを除いた5社の借入れについて任意整理を行いました。その5社について約5年間で完済する計画に基づいて和解を行い、それらの業者の毎月の返済をこれまでの約半額に抑えました。金利もカットしてもらっております。

結果

これまでは毎月の収入の半分以上を返済に充てておりましたが、そのような状態から脱却することができました。 毎月の返済を抑えることができたため、奨学金や自動車ローンと両立して支払を行い、これ以上借金が増えることはなくなりました。

その他の解決事例

ご相談前ご相談後
借金総額
100
万円
0
万円
毎月の返済額
2
万円
0
万円
ご相談前ご相談後
借金総額
400
万円
0
万円
毎月の返済額
17
万円
0
万円
ご相談前ご相談後
借金総額
120
万円
0
万円
毎月の返済額
20
万円
0
万円
過払い金の回収額
510
万円