家族間 金の流れが 不透明

50代男性
ご相談前ご相談後
借金総額
450
万円
0
万円
毎月の返済額
15
万円
0
万円

ご依頼の背景

借金の状況 約450万円
借金の理由 生活費
借入先 消費者金融・カード会社
依頼者は、既婚者で子供もおりましたが、十分な収入が得られていないことを妻に言い出せずにおりました。ついつい見栄を張ってしまい、妻の言うままに生活費を渡していたため、不足分を借入れで補填することを繰り返していました。 その結果、負債は雪だるま式に増えてしまい、返済ができない状態になりました。妻との関係も悪化し、離婚の危機を迎えていました。

弁護士の見通し

破産手続の前に、不透明な財産の移動が行われていると、裁判所から財産隠しを疑われてしまう場合があります。その場合は、破産管財人が選任されて、財産を受け取った相手方に取返しをかけることがあります(否認権の行使)。そこで、財産が移動された際の理由・名目や、その相手方の認識によっては、実際に相手方から財産が取り返される場合があります。

サポートの流れ

依頼者の希望は、破産手続によって妻に迷惑をかけたくないということでした。破産管財人が妻に対して取返しをかけると、妻が逆上して離婚は確実になってしまう状況でした。 そこで、口座間における金銭の移動についてひとつひとつ説明する一覧表を作成し、裁判所に提出しました。また、一般的な婚姻費用と比較して、不当に高額ではないことを説明しました。

結果

裁判所は、妻からは取返しを行わないという結論に至り、無事に離婚の危機を回避しました。破産手続を終えた依頼者は、何とか家族と元どおり生活をすることができる状態に戻りました。

その他の解決事例

ご相談前ご相談後
借金総額
2100
万円
300
万円
毎月の返済額
30
万円
8
万円
※住宅ローン除く
ご相談前ご相談後
借金総額
450
万円
450
万円
毎月の返済額
12
万円
7
万円
ご相談前ご相談後
借金総額
24000
万円
0
万円
毎月の返済額
130
万円
0
万円