差押え 取られる前に 申立て

30代男性
ご相談前ご相談後
借金総額
550
万円
0
万円
毎月の返済額
16
万円
0
万円

ご依頼の背景

借金の状況 約550万円
借金の理由 ギャンブル・交際費
借入先 消費者金融・カード会社
依頼者は、自己破産をすべく、ある弁護士事務所に依頼を行っておりました。しかし、資料を十分に集めることができないまま時間が経過し、債権者のうち1社から訴訟を提起されたところで、弁護士事務所に辞任をされた状態でした。 訴訟を起こされており、差押えが現実的になってきた段階で依頼を受けてくれる事務所を探して相談に至りました。

弁護士の見通し

依頼者は、だらしないところが見受けられる人だったので、弁護士からこのままでは差押えが現実のものとなってしまうことを重々注意しました。 給料の差押えを受けてしまった場合は、裁判所から直接勤務先に差押えの通知が送達されるため、借金を払っていなかったことが勤務先にも発覚してしまいます。 依頼者の意向はそれを避けたいということだったため、今度こそ書類をしっかり提出することを約束してもらい、急ぎで準備を行うこととなりました。

サポートの流れ

受任の段階で集める必要のある書類をリスト化して依頼者に渡しました。その後、依頼者から提出された書類を都度チェックし、不足している書類を集めてもらうよう詳しく指示出しをしました。 一方で、弁護士が裁判の対応を行い、答弁書を提出するなどして判決がすぐに出てしまわないように引き延ばしを図りました。 結果的に、債権者からの差押えが実行される前に破産手続の開始決定を得て、無事に解決することができました。

結果

依頼者は、免責が得られたのちは借金から解放され、同じ会社に勤めながら普通の生活の戻りました。

その他の解決事例

ご相談前ご相談後
借金総額
3200
万円
0
万円
毎月の返済額
14
万円
0
万円
ご相談前ご相談後
借金総額
380
万円
0
万円
毎月の返済額
10
万円
0
万円
ご相談前ご相談後
借金総額
100
万円
0
万円
毎月の返済額
2
万円
0
万円