教育で 抱えた借金 軽くなる

40代女性
ご相談前ご相談後
借金総額
400
万円
100
万円
毎月の返済額
20
万円
3
万円

ご依頼の背景

借金の状況 約400万円
借金の理由 生活費・教育費
借入先 カード会社・銀行
依頼者は、働きながら子育てをする兼業主婦でした。子どもが大きくなるに伴い、塾代をはじめとした教育費が多くかかるようになり、クレジットカードや銀行のカードローンで不足分を補填していました。そのようなことを繰り返しているうちに、いつの間にか負債が大きくなってしまい、気づくと毎月約20万円の支払が必要な状態でした。このような状態をなんとか改善するため、相談に訪れました。

弁護士の見通し

こちらの依頼者のケースでは、任意整理で分割返済をするのでは、負担が大きすぎて返済の継続が困難な状況でした。一方、自己破産という方法も考えられましたが、依頼者は自己破産は回避したいという意向でした。そこで、弁護士から小規模個人再生の手続による解決を提案し、債務を圧縮した分割返済で解決する方向を目指すこととなりました。

サポートの流れ

まずは弁護士事務所から債権者に受任通知を送付し、すべての返済をストップして赤字に陥っている家計バランスを改善しました。その上で、弁護士費用を分割払いとして適正な家計バランスを取り戻しつつ、資料集めをサポートして順調に再生手続開始決定を得ることができました。その後、36回分割返済による再生計画が認可され、負債が100万円まで圧縮されました。

結果

依頼者が支払うべき返済額は毎月3万円以下まで減額となったので、負担が非常に軽くなりました。無理なく返済をしつつ、さらには今後に備えた貯蓄もしていくことができる状態に改善されました。

その他の解決事例

ご相談前ご相談後
借金総額
430
万円
150
万円
毎月の返済額
5
万円
0.5
万円
ご相談前ご相談後
借金総額
1800
万円
0
万円
毎月の返済額
37
万円
0
万円
ご相談前ご相談後
借金総額
200
万円
0
万円
毎月の返済額
14
万円
0
万円