差押え 止めたいときに すべきこと

40代男性
ご相談前ご相談後
借金総額
3200
万円
0
万円
毎月の返済額
14
万円
0
万円

ご依頼の背景

借金の状況 約3200万円
借金の理由 生活費・遊興費
借入先 消費者金融・カード会社・銀行
依頼者は、過去に債務整理を行っていましたが、完済に至らないまま借金を放置してしまっておりました。その債務の中に、処分済みの住宅のローン残債が入っておりましたが、長らく延滞状態になっていため、金利によって債務が大きくなってしまいました。 その後も放置を続けてしまったため、ついに債権者から給料の差押えを受けてしまい、とても苦しい状態で相談に至りました。

弁護士の見通し

裁判所の開始決定が管財手続の場合は、すぐに差押えを止めてもらえます。一方、裁判所の開始決定が同時廃止の場合は、すぐに差押えを止めてもらえません。 本件では、管財手続にするための予納金の準備もままなりませんでしたので、早期に同時廃止で申立てを行い、できるだけ早い差押えの解除を目指すことになりました。

サポートの流れ

早く申立てを行うためには、できる限り迅速に書類を集めて申立書を完成させなければなりません。 依頼者の勤務先もある程度事情を知っていたので、弁護士事務所から直接勤務先に書類の依頼をかけるなど工夫することによって、最速で準備を行いました。

結果

裁判所は、審尋を行うので、依頼者本人に裁判所に出頭してほしいとの意向でした。そこで、できる限り依頼者の仕事に差支えの出ない日程を調整し、当日は弁護士が同行しました。 結果として、裁判所からは免責が許可され、差押えも解除されたことによって元の生活に戻ることができました。

その他の解決事例

ご相談前ご相談後
借金総額
100
万円
0
万円
毎月の返済額
2
万円
0
万円
ご相談前ご相談後
借金総額
600
万円
150
万円
毎月の返済額
12
万円
4
万円
ご相談前ご相談後
借金総額
450
万円
450
万円
毎月の返済額
12
万円
7
万円