マンションを 失うわけに いきません

50代男性
ご相談前ご相談後
借金総額
2100
万円
300
万円
毎月の返済額
30
万円
8
万円
※住宅ローン除く

ご依頼の背景

借金の状況 約2100万円(住宅ローン除く)
借金の理由 生活費・交際費・自動車
借入先 消費者金融・カード会社・銀行
依頼者は、職場での役職が上がってきたことから、つい見栄を張って交際費や自動車に多くのお金をかけておりました。そうしたところ、いつの間にか雪だるま式に借金が増えてしまい、毎月払いきれない金額に膨らんでしまいました。 家族に事情を話し、住宅(マンション)を失うことだけは避けるべく相談に至りました。

弁護士の見通し

自動車には所有権留保が付いていたので、引揚げになる状況でしたが、残価については充当されるためその分の負債は減少することになります。 住宅についても、ローン残額が不動産価値を上回るオーバーローンの状態だったため、個人再生手続上は資産価値がありませんでした。 そこで、負債が300万円まで圧縮されることを前提に、毎月8万円を3年間支払う再生計画を念頭に準備を行いました。

サポートの流れ

家族の協力も得た上で、浪費のない健全な家計状況を取り戻しました。 毎月のレシート・領収書類の管理や、口座からの入出金記録に基づいた家計管理についてアドバイスを行い、毎月決まった時期に一定額の積立てを実現できる家計バランスに改善することができました。

結果

裁判所に再生計画を認めてもらい、300万円を3年間で弁済する再生計画が認可されました。 その後、債権者への送金については事務所で返済の代行サポートを行い、滞りなく再生計画を遂行しました。

その他の解決事例

ご相談前ご相談後
借金総額
1700
万円
300
万円
毎月の返済額
20
万円
5
万円
※住宅ローン除く
ご相談前ご相談後
借金総額
1800
万円
0
万円
毎月の返済額
20
万円
0
万円
ご相談前ご相談後
借金総額
180
万円
0
万円
毎月の返済額
10
万円
0
万円