法人を 破産以外で 清算し

70代男性
ご相談前ご相談後
借金総額
3000
万円
150
万円
毎月の返済額
10
万円
0
万円

ご依頼の背景

借金の状況 約3000万円
借金の理由 事業資金
借入先 銀行
依頼者は、会社経営をしておりましたが、会社の債務の連帯保証人になっておりました。長く続いた会社でしたが、年齢や体調もあり、廃業を考えておりました。 しかし、会社の残存債務に対して、資産が圧倒的に少なかったため、会社は債務超過の状態でした。老後の生活の立て直しもあるため、自己破産の方法以外による会社の清算を希望しておりました。

弁護士の見通し

会社が債務超過の場合、原則としては自己破産による清算を検討しなければなりません。しかし、会社の債権者との合意が整えば、一部の債務を支払って残りを免除してもらう方法も考えられます。 そこで、まずは債権者との交渉を行い、現状の資産の範囲内で弁済が可能な内容での和解(私的整理)を目指すこととしました。

サポートの流れ

会社名義で不動産を保有しておりましたが、まずはこれを任意売却することとしました。タイミングよく買受希望者が現れてくれましたので、まずは不動産の売却を行い、抵当権を抹消してもらった上で売却金の一部を手元に残しました。 その上で、残りの債権者と折衝を行い、今後収入が得られる見込みがないこと、現状の手持ち資産が少ないことを理解してもらい、残債務について大幅にカットしてもらえる和解が成立しました。”

結果

結果として、残存する債権者に対しては150万円を弁済し、残りを免除してもらえました。 将来的に得られる年金から債務の返済を行う必要がなくなったので、安心して老後の生活を送ることができるようになりました。”

その他の解決事例

ご相談前ご相談後
借金総額
0
万円
0
万円
毎月の返済額
0
万円
0
万円
過払い金の回収額
220
万円
ご相談前ご相談後
借金総額
450
万円
0
万円
毎月の返済額
15
万円
0
万円
ご相談前ご相談後
借金総額
1800
万円
0
万円
毎月の返済額
37
万円
0
万円