五年間 払ってなけりゃ 時効かも

40代男性
ご相談前ご相談後
借金総額
1800
万円
0
万円
毎月の返済額
0
万円
0
万円

ご依頼の背景

借金の状況 約1800万円
借金の理由 商品購入
借入先 消費者金融・カード会社・勤務先
依頼者は、若い頃に深く考えずに借りた借金について、長らく返済をしておりませんでした。その後、結婚して平穏な生活を送っていたかに思われましたが、突然届いた督促状を家族に見られてしまいました。 家族からは、自己破産して借金を無くしてきなさいと言われ、当事務所に相談することになりました。

弁護士の見通し

依頼者から事情を伺うと、5年以上の長期にわたり、返済を行っていないことが分かりました。その返済していない期間について、相手方業者から裁判を起こされた記憶もないという状況でした。 そこで、自己破産の前に、まずは消滅時効になっていないかどうか調査を先行する方針となりました。

サポートの流れ

依頼者に代わり、各信用情報機関から過去の借入れに関する記録の取り寄せを行い、記憶があいまいになっていた部分を補完する調査を行いました。 その結果、実は全部で5社から借入れを行っていたことが分かりましたが、全ての業者につき5年以上返済が行われておらず、なおかつ裁判等によって時効が中断されていなかったことが分かりました。 消滅時効を主張することができる状況だとわかりましたので、全ての業者に対して内容証明郵便による時効援用通知書を送付し、借金がすべて消滅しました。

結果

当初は自己破産しなければいけないと考えておりましたが、自己破産せずにすべての借金から解放されました。現在は家族と仲良く生活しています。

その他の解決事例

ご相談前ご相談後
借金総額
120
万円
0
万円
毎月の返済額
20
万円
0
万円
過払い金の回収額
510
万円
ご相談前ご相談後
借金総額
380
万円
0
万円
毎月の返済額
10
万円
0
万円
ご相談前ご相談後
借金総額
400
万円
0
万円
毎月の返済額
17
万円
0
万円