判決を 取られていても 間に合った

30代女性
ご相談前ご相談後
借金総額
70
万円
0
万円
毎月の返済額
0
万円
0
万円

ご依頼の背景

借金の状況 約70万円
借金の理由 名義貸し
借入先 消費者金融
依頼者は、若いころに自分名義で作ったカードを友人に貸しておりました。友人が返済をするという約束だったので、返済されているものと信用しておりました。 ところが、数年を経て実は友人が返済していなかったことが判明し、借入先業者から裁判を起こされてしまいました。自身の居住地ではない裁判所で裁判を起こされてしまったため、うまく対応することができず、第一審の判決が出されてしまいました。

弁護士の見通し

5年以上返済していなかった借金であれば、消滅時効の制度により返済の義務を免れる可能性があります。 また、第一審判決が出されていても、2週間以内であれば、控訴を行うことができますので、急いで裁判所に控訴状を出すことになりました。

サポートの流れ

直ちに裁判所に控訴状を提出するとともに、債権者の業者に対して受任通知を発送し、迅速に内容証明郵便によって時効援用を行いました。 結果的に、消滅時効が完成しており、借金の支払をしなくてよい状態になりました。

結果

業者が起こしていた裁判については、取下げにより終了しました。 借金の支払義務もないことが確定し、通常の生活に戻ることができました。

その他の解決事例

ご相談前ご相談後
借金総額
800
万円
800
万円
毎月の返済額
14
万円
7
万円
ご相談前ご相談後
借金総額
200
万円
0
万円
毎月の返済額
14
万円
0
万円
ご相談前ご相談後
借金総額
120
万円
0
万円
毎月の返済額
20
万円
0
万円
過払い金の回収額
510
万円